Shugolog

しゅうごろぐ

男鹿市地域おこし協力隊に就任しました。

お久しぶりです。

もう3年間も記事を投稿していなかったのですが、大学を卒業し、9月1日から大学のある秋田県で地域おこし協力隊として働くこととなったので、日々の出来事から、経験し感じたことを記録しようと、ブログを再開します。

 

1. 男鹿市ってどこ?

まずは地域おこし協力隊として就任することとなった場所...

それは、秋田県の中でもひときわ日本海に飛び出す、男鹿半島

 

f:id:shizuokershugo:20180906231207p:plain

 

水族館GAOや、なまはげ文化の地としては県外からも知られるこの地。

自分は就任前に連れて回っていただいた地形景観に心を打たれ、決意しました!

 

f:id:shizuokershugo:20180413093917j:plain

(グリーンタフと呼ばれる、緑色の凝灰岩)

 

f:id:shizuokershugo:20180413101157j:plain

(男鹿の西海岸)

 

f:id:shizuokershugo:20180413103632j:plain

 (加茂青砂のゴロゴロな海岸)

 

f:id:shizuokershugo:20180413104359j:plain

(洞窟から見える半島 こちらは場所は秘密...笑 男鹿に来てくれたら案内しますよ)

こんな素晴らしい景色も、車で案内してもらえたから見えた景色。

やはり課題は自家用車がなければこんな素晴らしいポイントポイントでゆっくりできないと言う点。海外の国立公園のような雰囲気を思い出しました。

 

 

2. 地域おこし協力隊として何をするの?

正式な名称としては、男鹿市観光課の地域おこし協力隊。

  • インバウンドの観光客を男鹿半島に増やすこと
  • DMOの中でアウトドアのアクティビティ促進をすること

海外の方々に男鹿半島の魅力を伝え、実際に来た時の体験を満足いくものにする。

また、"男鹿"と言われた時に、皆が「あー、なまはげと水族館のとこね」と言うのではなく、「半島サイクリングのね!スノーピークのキャンプ場のね!」となることが目標なのです。

 

なかなかわかりにくいDMOとはなんなのか?の話は今後の記事に回すとし...

(僕自身もわかりやすい説明を見出していない)

 

毎日の生活の一部を少し共有し、記事の終わりに向かいます。

 

 

3. アンチカフェ「シーガル」?

男鹿に引っ越すにあたり、単なる賃貸マンションに住むのではなく、

駅前の10年前に閉じたバーの裏に住めるよう、準備をしていただきました。

(素晴らしいスタート)

 

f:id:shizuokershugo:20180525153027j:plain

(外観はこんな)

 

f:id:shizuokershugo:20180525151123j:plain

(中もこんな)

 

これだけ見ると、「え?ここに住むの?」となるかと思いますが、

大学の友人・後輩・ゴッドファザーICIさんの力も借り。

 

コツコツと初心者ながらの改装を進め

 

f:id:shizuokershugo:20180829155617j:plain

(床を貼り)

 

f:id:shizuokershugo:20180829153240j:plain

(板の間も作って"いただき")

 

やっとこさ9月1日から主に場所貸しとしてオープンしました。

 

店内はこちら。

 

f:id:shizuokershugo:20180901144236j:plain

 

f:id:shizuokershugo:20180901144219j:plain

 

お茶、食べ物を出すのではなく、

美味しいもの、楽しい人を「持ち込む」ことで地域の方々の居間として使っていただきたい。

そんな思いから、馴染み深いバーの名前「シーガール?シーガル?」も踏襲しました。

 

昼間は1時間200円の時間制のカフェ。

夜は会議、宴会に活用できる要予約の貸切スペースとして運営します。

 

ご質問・お問い合わせは seagullあっとtravel-dsn.com まで

新卒でローカルに入り、地域おこし協力隊として観光に携わる。

そんな僕の日常を少しずつでもシェアしていきたいと思っています。

これからも、細々と読みに来ていただければ。

 

修吾

#AIUHAPPYDAYS が1万人に笑顔を届ける

こんばんは

今日は、嬉しいご報告!!

昨年春、国際教養大学内で撮影させていただいた Pharrel WilliamsのHappyカバー動画が...

1万viewを超えました!!!!いぇーい!!!!

 


Pharrell Williams - Happy (We are from AIU ...

 

単純に1万人に見られたとは残念ながら言えませんが、僕自身もたまに見直して、いいものを作ることができたなと感傷に浸るほど、出来は良いです。今一度携わってくれた先輩方、また「やろう」と言ってくれた同期のいのっちに感謝したいです。ありがとうございました。

 

2013年11月にオリジナルのPharrel Williams, Happyの動画がアップされて以来ジワジワと広がったムーブメント。秋田の片田舎の大学に届くまでは1年以上かかってしまいましたが(笑)大学のパンフレットやウェブサイトでは表現しにくい、よりコアなAIUの楽しさがうまく伝わったのではないでしょうか?

 

少し気分が沈んでいる時、AIUの日々を思い出したい留学中及び社会人になったAIUのファミリーの皆様。これからもこの動画が励みになることを祈っています。

 

※この動画プロジェクトは国際教養大学から開学5周年AIU課外活動奨学金の選定を受けることができました。今後、受け取った奨学金AIU内のクリエイティブ文化推進に活用していこうと考えております。こうご期待。

 

Shugo

「映画を観る」と言うコトが変わってきてしまった。

こんばんは、Shugoです。

今日は、最近悩んでいることについて...

 

f:id:shizuokershugo:20150515223800j:plain

 

映画館で観る、レンタルビデオ屋でうろうろしながら作品を決める。

実は、来月で家&大学から一番近いレンタルビデオ屋さんが無くなってしまいます。(GEO御所野店なのですが...)未だ無くなってしまった後の映画生活をどうしていくのか決められておらず、途方に暮れています。

 

閉店の知らせを聞いたときは本当にショックだったのですが、よく考えてみると、地元でも次々とレンタルビデオ屋が潰れていっていたことを思い出しました。きっと、どこでも同じなんでしょう。

 

僕が映画にハマりはじめたのは高校生の頃。部活や勉強が辛くなると、映画館に行ったり、ビデオ屋さんに海外ドラマを借りに行ったりして逃避しました。映画館は古びていて、席数も少ない映画館だったけれど、モールなどに入っている属に言うシネマコンプレックスとは違い、どこか哀愁が漂っていました。夕方ごろ同級生から電話がかかってきて、突拍子もなくレイトショーを二人で観に行く。こんなのが僕にとっては映画を観るということだったのです。ビデオ屋さんに友達と行ったことはそう多くありませんが、ふと思い立って近くのビデオ屋さんに行き(地元に多かったのはTSUTAYA)、店員さんが書いたポップをサラサラと読んだり、同じ棚の周りをうろうろと周りながら「そろそろ決めないとな」と思い、1つ2つ選ぶ。こんなのが僕にとって映画を観るということでした。

 

それが、変わってきてしまった。

 

映画館に取って代わったシネマコンプレックスはどこか映画を大衆向けにしすぎている気がする。エンターテイメントはエンターテイメントなのだけれど、何か趣が無い。

 

レンタルビデオ屋に取って代わったストリーミングは確かに便利だけど、クリック2回で映画が観れてしまうと、何かとっても軽い。

 

何もかも便利にすればいいって問題じゃない。

電子書籍がいくら普及しても、本屋さんは無くならない議論の気持ちがわかった。悲しいのは、古き良き映画館やビデオレンタル屋はどんどん無くなっていっていると言うこと。)

 

ここで、映画が好きと言っている人たちにお願い。

海賊版やネットで無料で映画を観るのはやめよう。

初めてのデートで映画を観に行き、話が弾んだり。気分が落ち込んで何もしたくない時に映画を観に行って前向きになれたり。特に理由もなく一人で映画館に行き、良作に出会って幸せな気持ちで1日を終えたり。

 

映画って無料で消費するには、重すぎるエンターテイメントだと思うんです。

 

簡単に「映画鑑賞が趣味です。」とか言わないで。

映画が好きなら、作っている人、届けてくれている人達に感謝しようよ。

 

少し攻撃的になってしまってごめんなさい。

けど、僕は映画館が無くなって欲しくない。レンタルビデオ屋さんが無くなって欲しくない。

 

大切な人とふらっとレイトショーが観れる映画館を次の世代の人にも使ってもらいたいんだよ。

 

以上、Shugoでした。

 

後悔するためにも、書かなきゃいけない気がするんだ。

お久しぶりです。Shugoです。

ブログ再スタートを切ろうと思います。

 

f:id:shizuokershugo:20150511170957j:plain

 

何故、このタイミングで再スタートを切るのか?

1つは、元ルームメイトに「3日に1回ぐらいのペースでブログ書く習慣付けようぜ」と提案されたからです。専攻も興味も違う僕らですが、お互いに刺激しあっていこうと思っています。彼のブログはこちら

 

そして2つめの理由は、きっと今書き残しておいたことは未来の自分が見たり読んだりした時、恥ずかしくなったり、後悔してしまうような内容にしかならないだろうということ。もっと言えば、先輩や大人の方からすると、当たり前のことや浅はかなことしか書かれないブログになるかもしれません。しかし、見栄をはらずに、「僕がその瞬間に気づいたことは、僕にとっての驚きですし、僕にとっての感動なのです。」そんな小さくて当たり前の感動を、世界のどこかの誰かさんと共有できたら、それは中くらいの感動になる気がします。(共感してもらえたら更に大きな感動ですね)。人間としても未熟ですし、学生としても勉強が足りていない、そのことを明日の自分が忘れないように。

 

 そして3つめの理由は、まだまだ国際教養大学秋田について書かれているインターネット上の情報が少ないということ。せっかく秋田という地で、国際教養大学と言う特異な環境で学ばせてもらっている身として、何か残していきたいと言う思いも募っていました。

 

 

ここまで書いてみて、久しく書いていなかったからか、日本語の文章が下手になったと実感。日本語で書く能力を向上させるためにも、続けていきます。

 

 

大学合格がゴールではないし、留学がゴールではない。更に言えば就職すらもゴールではないと思う。どれも小さい頃はゴールに感じていたことだが、結局まだまだだらーとながーく続いていく。それならもう少し、小さな感動を書き留めていこう。そして、読んでくださる方々と話をしていこう、そんな考えの再スタートです。

 

それでは、これからよろしく。

Shugo